よくある質問/魚介類DNA判別検査

ご依頼書ダウンロード

魚介類DNA判別検査

試料のDNAとデータベースとを照合し、魚介類の名称のガイドラインで示された正式名称をご報告します。

検査の内容につきまして、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

試料が劣化していますが検査可能ですか?

検査には1g以上の筋組織が必要で、加熱・加圧・発酵などの原因で検査不可の場合もございます。検査不可の場合は実費15,000円の請求になります。可能性が低いことをご了承のうえ、ご依頼ください。

どんな種類の魚介類が検査可能ですか?

検査可能魚介類リストをご覧になり、目的の魚介類(表示魚介類や調べたい魚介類など)があることを確認してください。リストにない魚介類であった場合、最も近縁な種名を報告いたします。

加工品でも検査可能ですか?

複数の魚介類が混合しているものは検査不可となりますのでご注意ください。単一種であれば検査可能となる場合がございます。

比較検査がしたいのですが…

2検体分の検査料金で検査可能です。依頼書に比較検査希望の旨ご記入ください。結果のお取り扱いについていくつかご了承いただきたい点がございますので、まずはお問い合わせください。

国産か外国産か知りたいのですが…

種の同定結果によっては、外国でしか漁獲されない魚介類と同定される場合などがございます。検査結果としては種名の報告のみとなりますので、ご注意ください。

魚介類DNA判別検査と原材料純度確認検査の違いはなんですか?

魚介類DNA判別検査は、個体レベルで表示確認や魚種特定を行うサービスであり、複数の魚介類が混合されている蒲鉾等では検査不能となります。比較的安価かつ小量の検体で行えるため、骨異物等でも検査の実施が可能です。

原材料純度確認検査は、集団レベルでの表示確認や魚種構成確認を行うサービスであり、蒲鉾に使われている魚種や稚魚集団の魚種構成等を確認することが可能です。
検体量がある程度必要になりますが、複数種の同時解析が可能であり、各生物種のDNA存在比等も調べることができるため、前者と比較して得られる情報量が大きいサービスです。

このページは、ビジョンバイオの魚介類DNA判別検査/よくある質問のページです。
魚介類DNA判別検査に関する、よくある質問を掲載しています。