魚介類DNA判別検査

ご依頼書ダウンロード

魚介類DNA判別検査

試料のDNAとデータベースとを照合し、魚介類の名称のガイドラインで示された正式名称をご報告します。

魚介類を用いた食品の原材料表示の確認

  • 検査可能品種:マグロ、マイワシ、マダイ、サケ、マダラ、ウナギ、アワビ 等
  • 検査可能形態:鮮魚、加工食品

複数種が混合したものや、DNAの劣化が激しい場合は検査不能となります。魚介類の名称のガイドライン(水産庁『魚介類の名称のガイドラインについて(PDF)』)に記載の種につきましては、ガイドラインで示された正式名称にてご報告します。

動物医薬品等リスト

検査の特徴

いくらpoint1

試料の外観に左右されないDNA解析
形態識別ではなく、DNA解析であるため、見た目からは種の判断ができない加工食品であっても、種の同定が可能です。

複数種が混合したものや、DNAの劣化が激しい場合は検査不能となります。

point2

新しい魚肉加工品表示確認検査サービス
当社は、水産庁「魚介類の名称のガイドライン」に対応した国内初の魚介類DNA判別検査をラインナップしました。DNA塩基配列を解析することで、高精度な表示確認サービスをご提供いたします。

point3

圧倒的な対応種数
同じ手法で国内外食用魚介類の二百種以上が検査可能です。そのため、産地の推定や原材料表示確認など幅広い用途にご利用いただけます。

事例紹介

以下のご要望以外にも、様々な魚介類に対応しております。 詳しくは、検査可能魚介類リストを確認いただくかお問い合わせください。

マグロの系統樹

マグロの系統樹

1.鮪(マグロ)の種を調べたい

以下の5種のいずれであるか判別可能です。(種によっては、産地が推定可能です。)

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
クロマグロ ホンマグロ Thunnus thynnus
ミナミマグロ インドマグロ Thunnus maccoyii
メバチ バチマグロ、メバチマグロ Thunnus obesus
キハダ キハダマグロ Thunnus albacares
ビンナガ ビンチョウ、ビンナガマグロ Thunnus alalunga

2.鯛(タイ)の種を調べたい

以下の6種のいずれであるか判別可能です。

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
マダイ Pagrus major
チダイ Evynnis japonica
キダイ レンコダイ Dentex tumifrons
ゴウシュウマダイ マダイ Pagrus auratus
ヨーロッパマダイ マダイ Pagrus pagrus
クロダイ Acanthopagrus schlegelii

3.鱸(スズキ)の種を調べたい

以下の3種のいずれであるか判別可能です。(種によっては、養殖、輸入品が推定可能です。)

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
スズキ Lateolabrax japonicus
タイリクスズキ※1 Lateolabrax sp.
ナイルアカメ※2 ナイルパーチ スズキ、シロスズキ Lates niloticus

※1国内養殖のスズキはすべてタイリクスズキです。
※2スズキの代用品として輸入されています。

4.鰺(アジ)の種を調べたい

以下の5種のいずれであるか判別可能です。(種によっては、輸入品かどうか推定可能です。)

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
マアジ※1 Trachurus japonicus
ニシマアジ※2 アジ Trachurus trachurus
シマアジ Pseudocaranx dentex
ムロアジ Decapterus muroadsi
マルアジ Decapterus maruadsi

※1マアジは日本近海に生息する魚です。
※2ヨーロッパからの輸入アジの約7割を占めます。

5.鯖(サバ)の種を調べたい

以下の3種のいずれであるか判別可能です。(種によっては、産地が推定可能です。)

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
マサバ Scomber japonicus
ゴマサバ Scomber australasicus
タイセイヨウサバ※1 ノルウェーサバ、サバ Scomber scombrus

※1ヨーロッパからの輸入品のほとんどがタイセイヨウサバです。

6.鮭(サケ)・鱒(マス)の種を調べたい

以下の6種のいずれであるか判別可能です。

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
ニジマス スチールヘッドトラウト、サーモントラウト、スチールヘッド Oncorhynchus mykiss
タイセイヨウサケ アトランティックサーモン Salmo salar
ベニザケ Oncorhynchus nerka
ギンザケ Oncorhynchus kisutch
サケ シロサケ、アキサケ、アキアジ Oncorhynchus keta
マスノスケ キングサーモン Oncorhynchus tschawytscha

7.鰻(ウナギ)の種を調べたい

以下の12種のいずれであるか判別可能です。

標準和名:ニホンウナギ(Anguilla japonica)、ウナギ

一般名称 使用しないこととする名称 学名 主な生息地
ニホンウナギ Anguilla japonica 東アジア
ヨーロッパウナギ Anguilla anguilla ヨーロッパ(中国産養殖うなぎのほとんど)
アメリカウナギ Anguilla rostrata アメリカ東部
オオウナギ Anguilla marmorata アフリカ大陸東岸から太平洋東部海域
ニュージーランドウナギ Anguilla australis オーストラリア東部
ヒレナガウナギ Anguilla reinhardti オーストラリア東部
モザンビークウナギ Anguilla mossambica アフリカ大陸東岸
セレベスウナギ Anguilla celebensis 東南アジア
ニューギニアウナギ Anguilla bicolor pacifica ニューギニア、フィリピン、グアム、台湾
Anguilla bicolor bicolor 東南アジア(インドネシア)
Anguilla luzonensis フィリピン(ルソン島)
Anguilla malgumora 東南アジア(ボルネオ島)

ビコロール(ビカーラ)種には、おもにニューギニアに生息する(Anguilla bicolor pacifica)とインドネシアに生息する(Anguilla bicolor bicolor)があり、本検査においては両者を判別することが可能です。

8.蟹(カニ)の種を調べたい

以下の7種のいずれであるか判別可能です。

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
ズワイガニ Chionoecetes opilio
ベニズワイガニ Chionoecetes japonicus
タラバガニ Paralithodes camtschaticus
アブラガニ Paralithodes platypus
ハナサキガニ Paralithodes brevipes
ケガニ Erimacrus isenbeckii
ガザミ ワタリガニ Portunus trituberculatus

9.鮑(アワビ)の種を調べたい

以下の7種のいずれかであるか判別可能です。

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
トコブシ Haliotis diversicolor aquatilis
メガイアワビ アワビ Haliotis gigantea
クロアワビ アワビ Haliotis discus discus
エゾアワビ アワビ Haliotis discus hannai
マダカアワビ アワビ Haliotis madaka
アカネアワビ、ヒメアワビ 等 アワビ Haliotis sp., Stomatella sp.
アワビモドキ ロコガイ チリアワビ Concholepas concholepas

10.栄螺(サザエ)の種を調べたい

以下の3種のいずれかであるか判別可能です。

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
サザエ Turbo cornutus
チョウセンボラ ツブ、バイ サザエ Neptunea arthritica cumingii
アカニシ サザエ Rapana venosa

11.帆立貝(ホタテガイ)の種を調べたい

以下の4種いずれかであるか判別可能です。

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
ホタテガイ Patinopecten yessoensis
アメリカイタヤガイ、ベイ・スキャロップ ホタテガイ Argopecten irradians
マゼランツキヒガイ、ディープ・シー・スキャロップ ホタテガイ Placopecten magellanicus
タイラギ タイラガイ Atrina pectinata

12.明太子・明太子製品の種を調べたい

明太子や明太子製品であっても以下の3種いずれかであるか判別可能です。詳細は以下の「検査精度向上の取組み」をご覧ください。

標準和名 一般名称 使用しないこととする名称 学名
スケトウダラ スケソウダラ Theragra chalcogramma
マダラ Gadus macrocephalus
パタゴニアミナミダラ ミナミダラ Micromesistius australis australis

検査方法について

平成11年のJAS法の改正により、平成12年7月から、生鮮食品については、「名称」及び「原産地」、加工食品については、「名称」及び「原材料名」を記載することが義務付けられました。

魚介類については、平成15年3月より「魚介類の名称のガイドライン」が運用されており、ガイドラインに従って、消費者に誤認を与えないように標準和名(もしくは一般的名称)を使用することが定められております。

この魚介類DNA判別検査では、数百塩基の配列を解析し、どの魚介類の配列と一致するのか確認します。報告書には解析に用いた塩基配列をもとに作成した系統樹、一致または近縁な上位4種の魚介類との同一性、簡単な所見を記載いたします。

検査精度向上の取組み

当社ではお客様からの幅広いご要望に答えるため、検査精度向上のための取組みを積極的に行っております。

(ご要望1)魚卵からの種判別は行えますか?

  • 検証内容:市販の魚卵製品について、魚介類DNA判別検査を実施
  • 検証結果:魚卵でも検査可能

「魚卵」の遺伝子検査で「種」の同定が可能か、以下の4種について魚介類DNA判別検査を実施しました。からすみについては一致率が98%で近縁種での同定となりましたが、生の魚卵については全て検査可能でした。

検証材料 検証結果 一致率 検査可能確率
いくら サケ 100% 100%
すじこ カラフトマス
たらこ スケトウダラ
キャビア ダウリアチョウザメ
からすみ 近縁種:ボラ 98%

「魚卵加工品」の遺伝子検査で「種」の同定が可能かも検証を行っています。明太子組織の回収が困難であった1製品以外は全て「種」の同定が可能でした。また、「たらこ」と表示されている場合でも、「スケトウダラ」以外の「種」が使用されていることもわかりました。

検証材料 検証結果 一致率 検査可能確率
明太子7製品
(ふりかけ、明太子入り調味料等)
スケトウダラ3件
マダラ2件
ミナミダラ1件
検査不能1件
いずれも100% 86%

(ご要望2)缶詰からの種判別は行えますか?

  • 検証内容:市販の缶詰製品について、魚介類DNA判別検査を実施
  • 検証結果:解読する塩基配列が短くなることから「種」判別精度が低下する場合がありますが、検査可能

魚介類DNA判別検査サービス開始初期のころから、缶詰製品について「種」の同定が可能かのお問い合わせが多く寄せられておりました。缶詰製品の遺伝子検査を最も困難にしている理由は「加熱・加圧によりDNAが非常に断片化している」ことです。DNAが酷く断片化されているため、PCRによるDNA増幅が困難で、検査ができませんでした。
そこで当社では、断片化されているDNAでもPCR増幅ができるよう工夫を行い、下記のような成功例を得ることができました。

検証材料 検証結果 一致率 検査可能確率
1)さんま缶詰 サンマ 100% 100%※2
2)さば缶詰 マサバまたはゴマサバ
3)からふとます缶詰 カラフトマス
4)まぐろ缶詰※1 メバチ
DNA増幅写真

DNA増幅写真

※1缶詰の場合、ビンナガと太平洋クロマグロの区別が困難です。
※2DNAの劣化が激しい検体では、解析する遺伝子領域が通常の検査より短くなります。そのため、検体と100%一致する「種」が複数の場合があります。100%一致が複数の場合は「○○または○○」「○○属の一種」「○○科の一種」のような標記となります。調べたい種が予めお決まりでしたら、検査結果の予測が可能ですので、お気軽にご相談ください。

ビジョンバイオでは、今後も検査精度向上に積極的に取り組んでまいります。検査が必要なサンプルなどございましたら、是非お気軽にご相談ください。

Acrobat ReaderをダウンロードPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Reader®が必要です。お持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロードサイトへお進みください。

このページは、ビジョンバイオの魚介類DNA判別検査のページです。
試料のDNAとデータベースとを照合し、魚介類の名称のガイドラインで示された正式名称をご報告します。