よくある質問/原材料純度確認検査

ご依頼書ダウンロード

原材料純度確認検査

DNAを網羅的に解析し、原材料の単一性、純度を証明します。

検査の内容につきまして、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

検査が難しい試料はありますか?

加工度が高いものや加熱・加圧・発酵などを経たものは検査結果が得られない可能性がございます。検査結果が得られなかった場合は実費の御請求となります。この点については予めご了承のうえ、ご依頼くださいませ。
検査が難しい試料としては下記のような試料があげられます。
・高度に加工されたもの
・濃縮還元ジュース
・ハチミツ
・油分を多く含むもの
・糖分を多く含むもの
・DNAをほとんど含まないもの
・その他DNA解析を妨害する物質を含むもの(ポリフェノールを多量にふくむもの等)

試料はどのようにお送りすればよいですか?

腐敗・発酵等による試料の劣化を防ぐため、基本的には冷凍便にてお送りください。

報告書に示されるDNA存在比は何を意味していますか?

試料中に確認された各原材料のDNA存在比を示しています。そのため、実際の原材料配合比とは異なる場合がございます。実際の配合比を推測したい場合には、同じ原料を使用した配合比が既知の試料と比較することで可能となります。

使用している次世代シーケンサーを教えてください。

Illumina社製 Mi-seqを使用しております。

このページは、ビジョンバイオの原材料純度確認検査/よくある質問のページです。
原材料純度確認検査に関する、よくある質問を掲載しています。