よくある質問/グルテンフリー確認検査

ご依頼書ダウンロード

グルテンフリー確認検査

小麦などの穀類に含まれるグルテンについて、その含有量を分析し数値としてご報告します。「グルテンフリー」として消費者に確かな付加価値をお届けすることができます。

検査の内容につきまして、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

試料の必要量はどのくらいですか?

必要検体量は100gです。これ以下でも検査が可能な場合もありますのでお問い合わせください。

グルテンフリー確認検査の検出下限はどのくらいですか?

森永生科学研究所社製のFASPEK(小麦グリアジン)では1ppm(μg/g)、R-Biopharm社製のRIDA SCREEN Gliadinでは5ppm(μg/g)を検出限界として検査を行います。

小麦の食物アレルギー検査とグルテンフリー確認検査の違いはなんですか?

一部共通の検査キットを用いますが、食物アレルギー検査は測定値を「小麦総タンパク」に、グルテンフリー確認検査では「グルテン」に換算してご報告いたします。

欧米では、グルテンフリーの表示基準をグルテン含有量20ppm未満としています。また、アメリカ食品医薬品局(以下、FDA)では、製品の最終確認に適したキットとして、森永生科学研究所社製のFASPEK小麦(グリアジン)の他、R-Biopharm社製のRIDA SCREEN Gliadinを挙げています。グルテンフリー確認検査は、これらに対応した検査となっています。

なお、国内向け米粉・米粉製品のノングルテン表示に対応した検査は、食物アレルギー検査となりますので、ご注意ください。

1キット使用と2キット使用では何が違いますか? 1キット使用ではどちらを選べばよいですか?

使用するキット数や方法等については、現在のところ、規定はありません。
ただ、ELISAキットは、各社ごとに擬陽性などの特性が異なるため、全く同じ試料を測定しても異なる数値を示すことがあります。そのため、弊社では、グルテンフリー表示の証明にあたっては、複数のキットを用いて確認を行うことを推奨しています。

このページは、ビジョンバイオのグルテンフリー確認検査/よくある質問のページです。
グルテンフリー確認検査に関する、よくある質問を掲載しています。