よくある質問/残留農薬検査

ご依頼書ダウンロード

残留農薬検査

人の健康を害するため、食品として流通させる上での規制が厳しくなってきた残留農薬について検査いたします。

検査の内容につきまして、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

残留農薬検査を行いたいが、どの検査が最適か分からない…

試料の種類とそれに対応したおすすめ検査パッケージは、下記のとおりとなります。

試料の種類 項目
外国産の原材料(穀物、野菜、果実など) 検疫所モニタリング対応パッケージ
日本産の原材料(穀物、野菜、果実など) 生鮮食品安心パッケージ
冷凍食品などの加工食品全般 スタンダードシリーズ
日本産の玄米、精米、その他米加工品 米穀280

上記以外の検体についてのご要望や、分析項目に関するご質問ございましたら、お気軽に弊社営業部までお問い合わせください。

残留農薬のポジティブリストですが、法律で定められているのですか?

平成18年5月29日から「残留農薬等に関するポジティブリスト制度」(平成15年法律第55号)が施行されました。平成15年に厚生労働省で食品衛生法改正によって導入が決まったもので、今後は農薬の残留が法律で厳しく規制されます。

試料の必要量はどのくらいですか?

残留農薬検査の場合、基本的には500gとなっていますが、検体によって異なりますので、電話でお問い合わせください。

このページは、ビジョンバイオの残留農薬検査/よくある質問のページです。
残留農薬検査に関する、よくある質問を掲載しています。